fbpx

愛媛への移住にオススメ!人気のゲストハウス3選

アドリブワークスが日々推し進める、地方創生のパッケージプロジェクト”WOBRIDGE PROJECT”。

全国・世界の各地にコワーキングスペース兼ゲストハウスを作り、ローカル暮らしを求める日本中のワーカーへ働く場所を提供しようとする試みです。

国産のライムを育てたり、農地を一人ひとりにお貸し出ししたり…と、「独立の不安」「リモートワークの不安」を出来る限り解消できるよう、様々なセーフティネットを開発したいと考えています。

そんな中「移住を考えている方は、どんな気持ちなんだろう」ということを探りに、認定NPO法人ふるさと回帰支援センター主催の「えひめ暮らし座談会」という企画へ足を運んでみました。

非常に興味深いお話をお聞きすることができましたが、その中でも「お試し移住」を実施している3つの団体について、今日はご案内したいと思います。

①NPO法人シクロツーリズムしまなみ

▶公式HP

アクセス

愛媛県今治市北宝来町1丁目1−12

近年、しまなみ海道は”自転車の聖地”としてブランド化されていて、レンタサイクルの貸出台数はH27年には13.5万台、全体では年間37万台もの自転車が通行するほど、人気のスポットになっています。

世界中からも人々が集まってきており、世界に誇る観光資源として、その名を輝かせている今治市。その今治市駅前でサイクリストに日々情報を発信し、宿を提供しているのが「シクロの家」さんです。

提供している機能は次の3つ。

  1. まちづくり〜まちのコンシェルジュ〜
  2. サイクルオアシス総合拠点〜情報提供からプランニング〜
  3. お試し移住〜シクロクルー〜

ハウスクリーニングや、チェックインのお手伝いをすることで、2週間〜1ヶ月程度無料でベットを貸出てくれる「お試し移住」という取り組みを行っています!

多島美、自由な時間、人との出会い…移住をお考えの方にとって、時間をかけてゆっくり検討するためのベース基地になりそうですね。

②大洲しろまちゲストハウス

▶公式HP

アクセス

愛媛県大洲市大洲249

「伊予八藩」…江戸時代に、現在の愛媛県に置かれた8つの藩をまとめて指す言葉です。

それぞれの場所で独自の文化や商業、食が栄えてきた歴史があるのですが、大洲はそんな8つのうちの1つの城下町として、名を馳せました。

戦時中に大規模な空襲を受けておらず、随所に歴史情緒あふれる町並みが残っているのが、大洲の一番の魅力。伊予の小京都と呼ばれる町並みは、何度見ても空きない風景が、歴史を超えて今も生活に根付いています。

自然の山水とマチとヒトとが調和した風光明媚な城下町「大洲」でゆったりとした時間を過ごしたい、という方にはピッタリです。

③シェアハウス坂本寮

▶Facebookページ

アクセス

愛媛県 宇和島市津島町御内513

2017年3月で地域おこし協力隊を卒業し、そのまま定住に至った方が新たにオープンしたシェアハウスです。

ゲストハウスとは異なりますが、運営者が若く元気に溢れる青年で、地域の方に愛される存在でしたので、紹介します。

家賃の相場は1〜2万円程度。礼金敷金無料で、駐車場代も無料、契約期間6ヶ月〜1年とのこと。

コンセプト

  1. 誰でも気軽に、無理のない田舎暮らし
  2. 住まいとしてスペースとしてのシェアハウス
  3. 地域の若者不足解消
  4. 一人暮らしの寂しさを解消
  5. 魅力的な時間を誰かと共有したい

当日のQ&A

ゲストハウスでお試し移住一番の魅力は?

  • 案内できる人がいる、つなぐ方へつなぐことができる
  • 自分ひとりよりも生の声を得ることができる
  • 地域のことがよく分かる
  • 旅人と知り合える

こんな人も来る!ゲストハウスに集う地元民は?

  • さびしんぼうの単身赴任社
  • 移住者、いろいろなバックグラウンドを持った人

開業の一番の苦労は?

  • 物件
  • 集客。特に1年目はガラガラ、2年目に少しずつ集まり、3年目でようやく7割稼働

集客を上手く行う秘訣は?

  • 情報をいかに上手く流せるかどうか(WEBを最大活用)
  • 休日は日本人も結構きてくれる→平日を埋めてくれるのは外国人
  • 彼らにどのように情報を提供できるか