• adlibworksがやっていること
  • HOME
  • adlibworksがやっていること

地域への移住や故郷の活性化を志す方々が、日本全国の多拠点に第二、第三のふるさとを持ち、自分の好きなときに、好きな人と一緒に移り住める。Uターンでも、Iターンでもない、「サイクルターン」の流れを創出しこれを新しい働き方として定着させたいと考えています。

今月は東京で、来月は愛媛で・・・と、生活拠点を環境によって変えることができ、生きていくための仕事をしながら地域の魅力に触れ、地域資源を活用して新たなブランドを生み出す、この一連の流れをパッケージ化します。また、生み出された各地域の商品は、「ALL JAPAN」として世界へ向けて販路を拡大します。

地域創生事業

ワーケーションの推進

『好きな地域で、自由に働き生活できる』

ワーケーションとは、ワークとバケーションを組合わせた造語で、近年JALをはじめ多くの企業で取り組まれ始めた制度です。

これまでに出会ってきた都市部のワーカホリック(主にIT関連企業)の声を聴くと、どんな場所にいても働けるスキルを持ち、都会の喧騒から離れゆったりと自然に囲まれながら生活をしたいというニーズの高まりがあります。

これを満たすために、 伯方島にある空き家(物件取得済み)をテレワーク施設として活用し、全国の企業へ福利厚生の一環として提案。県内外から人を集めます。

こんなことを解決します

  1. ストレスフリーな環境で仕事できる拠点はないだろうか…
    ⇢都会では味わえない瀬戸内の豊かな自然・文化・食が待っています
  2. 自分の仕事を維持しつつ、地域で新しいことを始めたい…
    ⇢ライム栽培やコワーキングスペースの管理、イベント手伝い等、事業参加で報酬を提供します
  3. 最終的には「移住」をゴールに据えたい…
    ⇢農園を貸出し、自分で食べるものは自分で育てられる自給自足型の環境を提供します

実績紹介のページへ

遊休資産の活用

『好きな地域で、新しい魅力を見つける』

何にもない場所を切り拓き、「これがある」を作る。地域には一見、時代の流れに取り残された、価値のないように見える場所やモノがあります。

しかし、見方を変えれば、それらは次世代に繋がる大きな資産に変わります。例えば伯方島では、ワーケーションにより集まった人々と一緒に、耕作放棄地を開拓し国産のライムを育てます。

耕作放棄地の再生ノウハウは、近隣の畑へ伝播し、若手農家を増やします。かつて柑橘が生い茂っていた畑を復活すべく、産学連携による取り組みを始めています。

こんなことを解決します

  1. 誰も管理していない農地をどうにかしたい…
    ⇢耕作放棄地再生のノウハウを活用し、朽ち果てた田畑に新しい息吹を吹き込みます
  2. 先祖代々の土地を手放したくない…
    ⇢活用方法を、一緒に考えさせていただきます
  3. 新しい資産活用の方法は無いだろうか…
    ⇢地域の風土や環境に適した作物を栽培することで、新たな価値が生まれます

実績紹介のページへ

地域発ブランドの創出

『好きな地域で、物を作り世界に届ける』

地域の遊休資産を活用し、生み出されたモノを商品として完成させます。そして、ターゲットは世界全域です。

国や地域、宗教、民族など、日本とは異なる千差万別の特性や違いを理解する必要があります。彼らにとって必要な情報は何でしょうか?きっと、日本人が捉えるものとは変わってきますよね。

情報を適切に届けるために、アンケートデータや分析をもとに、今あるモノ・コトの魅力を再設計し、単発ではなく継続するブランドを生み出します。

こんなことを解決します

  1. 成長著しいアジア圏で商品を売りたい…
    ⇢現地のトレンドや文化を考慮し、商品を開発します
  2. 何故あの地域の商品が人気なんだろう…
    ⇢他地域の成功事例をリサーチ・分析して取り込みます
  3. なかなか、ウチの商品の良さが伝わらない…
    ⇢現地でのサンプリングやアンケートで生の声を収集します

実績紹介のページへ

制作・コンサルティング事業

地域のインバウンド対策・海外進出支援

『新たな市場を見据えた計画を。』

近年、ますます重要視されるデジタルマーケティング。いまや「WEBサイトを持っている」だけでは何の意味も持ちません。

SNS、WEBサイト、アプリ、EC…多様化する様々な接点を、どのように作り、どんな情報を伝え、どんな行動を取ってもらいたいのか。

このような戦略の策定を、ゼロから支援し、事業全体のマーケティング活動を支援します。

こんなことを解決します

  1. どうやって情報を伝えたらいいのだろうか…
    ⇢最新のSNS活用法や、海外現地メディアへの交渉を通じて発信網を作ります
  2. 現地の格安商品に対抗できるだろうか…
    ⇢勝負できる「ブランドのこだわり」を、デザインやストーリーで形にします
  3. 詳しい人材がいなくて不安…
    ⇢スタートからゴールまで、一貫して並走します

実績紹介のページへ

WEBサイト制作

『「他の所とはひと味違う」をデザイン』

AIを代表とするテクノロジーの進化により、随分と手軽にWebサイトやアプリが作れる時代になりました。

でも、ふと周りを見渡してみてください。同じようなサイトが溢れていませんか?あなたが伝えたかったことは充分表現されていますか?

私たちは、Webサイトやアプリを”ものづくり”と捉え、人の手で作る、価値ある1ページをご提供しつづけます。

こんなことを解決します

  1. もっと頻度高く更新したい…
    ⇢作って終わり、ではなく運用もおまかせください
  2. 他と違うサイトにしたい…
    ⇢量産型ではない斬新・見やすいサイトを作ります
  3. プロに任せるとコストが高い…
    ⇢地域活性化が第一目標。WEBサイトは安価に作ります

実績紹介のページへ

地域創生プロジェクトのご相談

お問い合せはこちら